日本のアトピー性皮膚炎の現状!小学5年生の発生率は70%以上という驚異の数字に!

笛木紀子

日本のアトピー性皮膚炎の現状!小学5年生の発生率は70%以上という驚異の数字に!

あなたは、アトピー性皮膚炎で困っている方が、日本でどれくらいいるかご存知でしょうか?

2014年、厚生労働省の調査によると、日本のアトピー性皮膚炎の人口数は、約45万人と言われております。

あくまでもこの数字は、病院に通われている方の数字です。

実際水面下では、もっと多くの方がアトピーに悩まされている現状があります。

小学校では、入学時アトピー発生率30%。

5年生70%以上、喘息の子供を含めると90%を超えてくると東京都のある学校医が教えてくれました。

目次

アトピー性皮膚炎の経験者

「アトピーくらぶれのあ」は、スタッフの全員がアトピー経験者です。

医療を何件も訪ね、民間療法のドアをたたき、苦しみ悩み、人生を諦め、それでも力を振り絞り「アトピーくらぶれのあ」のドアをたたいてくれました。

全員がれのあ式で体質改善をしてきた経験者です。

昔、子供のアトピーは「大人になれば治るよ」と医師はいいました。

現代のアトピーの現実はどうでしょう?

れのあ女性スタッフは全員、赤ちゃんの頃からアトピーです。

そして、大人になった時には重度のアトピーとなっていました。

アトピーとは、少し赤くて痒い病気だと世間では認識されています。

それは、軽いアトピーの状態を指します。

たいていは病院で痒み止めの薬をもらって対処しますが、実はこの方法は、リスクがあるのです。

アトピー性皮膚炎の薬の乱用はリスクが高い

とても一般的なことですが、長期に渡り薬を乱用することはリスクを伴います。

私が33年接してきたアトピーの人達は、重症の人達です。

微熱を伴い、だるくて仕方なく、生理も止まり、結婚や出産をあきらめる人もいます。

1分1秒も掻く手が止められず、気が付けば掻くことで一日が終わっていることもあります。

このような状況が長く続くと、自分の存在価値を見失い、鬱に入り、社会から孤立していきます。

家族も途方に暮れ、なすすべもなく、転々と医療を渡り歩きますが、「アトピーは治らない病気だから、一生うまく付き合っていくしかないよ」と、医師からは言われるだけです。

こんなことを言われたら、人生暗くなってしまうものです…

アトピー性皮膚炎を改善するプロ集団です

しかし、私たちはアトピーを体質から改善してきました。

そして、アトピーを改善した人たちが、実際にれのあのスタッフとして活躍してます。

家族や社会の理解が支えになり、根気よく改善への道のりを歩けばアトピーは怖がる病気ではありません!

誰もが自分の人生を自分らしく輝いて生きてほしい。

元の皮膚より美しくをモットーに!

アトピーくらぶれのあでは、正しいアトピー改善についての情報をお伝えしていきます。

お子さんやご自身、ご家族のアトピー改善に取り入れてください。

そして、アトピー改善後の健康維持にもどうぞお役立て下さい。

The following two tabs change content below.
株式会社レノアコーポレーション代表取締役。 改善のみられなかった重度のアトピー有症者の改善を専門に取り組んでいる。延べ40,000人のアトピーの方々をみてきた。生活改善によって状態が良くなることができるアトピーの方に、夢や希望を持ってほしいと伝えたくて「アトピーくらぶ れのあ」を運営中。また、セミナーや執筆活動を通して社会的な予防策を呼びかけている。アトピーの方はもちろん、アトピー以外の方の健康にも役立ちたいと願っている。「元の皮膚より美しく」がモットー。
美容一覧へ