桜を綺麗に撮る3つのコツ!撮り方をプロが教えます

早坂華乃

桜を綺麗に撮る3つのコツ!撮り方をプロが教えます

埼玉越谷にあるフォトスタジオ、Kano Hayasaka Photo Studio PRICELESS MOMENT、フォトグラファーの早坂華乃です。

今年は桜の開花が早いそうですね。

春とい言えば、桜。
誰でも1枚は桜の写真を毎年撮っているのではないでしょうか?

桜を綺麗に撮れるようになるだけで、見栄えもガラっと変わってきます。

今回は、素人でもできちゃう桜の撮り方のちょっとした3つのコツをお伝えしたいと思います。

目次

桜を綺麗に撮る3つのコツ

桜を綺麗に撮るための3つのコツは、以下のとおり。

  1. 主役を決めて撮る
  2. 構図を意識する
  3. 背景に気を配る

 

1つずつ説明していきますので、
ぜひ今年の春に見栄えのよい写真を
ストックしてみてください。

 

主役を決めて撮る

桜って、群れて咲いているので、主役が分かりにくいんです。

ただなんとなく撮る・・・というのではなく、
あえて主役を決めてとってみましょう。

桜を撮る時、全体を撮る人が多いのですが、
思い切って近寄って撮ってみましょう。

 

構図を意識する

構図に関しては、前回のコラムの3分割構図や日の丸構図がおすすめです。

前回のコラムをぜひご参照くださいね。

こちら

主役が決まるとおのずと構図も決まってきます。

華乃

特に桜の花に寄って撮るときは、
構図を意識して撮るとまとまりがでますよ。

 

背景に気を配る

主役と構図を決めたら、背景にも注意してみましょう。

背景に余分なものが映っていると、そちらに目がいってしまいます。

特に太めの茶色い枝はアクセントにもなりますが、
主役の花を邪魔してしまうことも。

華乃

ファインダーをのぞきながら、
背景がすっきりして、
主役が引き立つ位置をさがしてみてくださいね。

シンプルに青空を背景にするのもおすすめです。

桜のピンクと青空の青がさわやかな1枚を撮ることができます。

ちなみに、

さくらと人物を撮る時のコツもお伝えしますね。

 

桜から離れた位置に立つ

桜のすぐ前に立って撮ると、桜が写真のフレームになかなか入りません。

人物を立たせるときは、桜から離れた位置に立って撮ると
写真の背景にきれいに入れることができます。

この写真は入学記念の1枚ですが
お子様のナチュラルな笑顔を撮影するには、
このようなお友達同士でのグループ撮影もおすすめです。

 

桜まみれの1枚を撮りたい時は?

桜に囲まれたような桜まみれに撮りたい時は、
なるべく顔まわりに桜がくる低い枝を探してください。

その枝の中に入り込むようにして撮影すると
顔周りに桜がたくさんうつって、
桜に囲まれたような写真を撮ることができます。

特にお子様と桜を撮りたい場合、
なるべく枝が低い位置にしだれている桜がおすすめです。

華乃

土手にある河原の桜などは、撮りやすいですよ。

お子様の撮影はこんな感じのカットもとてもかわいいです。

河原は、下が緑なので、ピンクと緑の組み合わせもとっても素敵な1枚が撮れますね。

ふんわりと撮りたい時は?

桜を前ぼけにするといいです。

前ボケは、レンズのすぐ近くに桜を持ってくるのがコツ。

一眼レフを持っている方は、ぜひ桜の花びらをレンズのすぐ近くに近づけて撮ってみてください。

レンズの近さの度合いによりボケ感が変わってきます。

華乃

1ランク上の桜写真を撮りたい!

と思っている方、ぜひお試しください。

こちらの写真は、コツ②の低い枝がある場所で、桜を前ボケさせた1枚になります。

 

まとめ

いくつかちょっとしたコツをご紹介させていただきましたがいかがでしたか?
ぜひ今年は桜の写真、去年より気に入った1枚を撮れるようにチャレンジしてみてくださいね。

ママのための、子連れOK!一眼レフ・スマホレッスンも随時開催中です。
もし気になる方はお問合せください。

The following two tabs change content below.
2015年より埼玉越谷でフォトグラファーとして活動開始。起業女性のビジネスプロフィールやサロン撮影、お子様・ご家族の753などの記念撮影の他、初心者でも1日でマスターできちゃう一眼レフフォトレッスン、スマホレッスン、ブランディングコンサルティング、フォトグラファー養成講座など、カメラをベースに多岐に活動中。
お出かけ・旅行一覧へ